便秘の原因を知って対策

女性特有の原因

女性ホルモンの影響

女性は男性よりも便秘になりやすいといわれていますが、その理由として最も大きいのが黄体ホルモンという女性ホルモンの影響です。
黄体ホルモンは、女性が妊娠をするために必要なホルモンで、この女性ホルモンには受精卵の着床を促す働きや子宮筋収縮の抑制をする働きがあり、妊娠中や月経の前になると分泌量が増加します。
そして、黄体ホルモンの分泌量が増加してしまうと、体内への水分吸収が活発になってしまうため、便を軟らかくするために必要な水分を大腸の腸壁からも吸収してしまいます。
そうすることによって、便に水分がなくなってしまうため、便秘になってしまうという訳です。
また、妊娠をすると子宮筋収縮が抑制されてしまうので、その際に腸の動きにも影響を与えてしまい、便が出にくくなってしまいます。

このように女性の便秘には、黄体ホルモンという女性ホルモンが大きく関係しており、妊娠や月経前になると便秘になりやすくなるのは、女性ホルモンが乱れるからなのです。
そのため、妊娠中や月経前に便秘になった際は、他の原因は考えにくく、ほとんどが女性ホルモンの変化だと思って良いでしょう。
そして、妊娠中や月経前の便秘を改善するには、女性ホルモンを少しでも整える必要があるので、規則正しい生活やストレスの無い生活を送ることが非常に大切です。


便意の我慢

女性が便秘になるきっかけとして多いのは、便意の我慢によるものです。
職場や外出先などで便意を感じても、恥しくてなかなかトイレに行けないという女性は多いと思いますが、我慢してしまうことで便秘になってしまったり、症状が悪化してしまうことがあるので、注意してください。

みなさんも経験があると思いますが、便意を我慢するといつの間にかその便意がどこかに消えてしまいますよね?
これは別に排便をする必要がなくなった訳では無く、脳から排便を促す信号が消えただけです。
そして、便意の我慢を何度も繰り返してしまうと便意を感じる神経が鈍くなってしまい、便が直腸に到達しても、便意を感じないので排便ができなくなります。
そうすると直腸にどんどん便が蓄積され、同時に水分も徐々に失われていくため、カチカチの便に変わってしまい、便秘になってしまうという訳です。
この状態がしばらく続いてしまうと便秘だけではなく、痔にも繋がってしまい、余計に排便が難しくなります。
このように便意を我慢することによって、起こる便秘のことを直腸性便秘といいます。

直腸性便秘にならないためにも、恥しい気持ちは分かりますが、何度も便意を我慢しないようにしてください。



過度なダイエット

女性は「理想のスタイルに近づきたい!」というように美意識が強いので、ほとんどの方がダイエットを経験したことがあると思います。
しかし、過度なダイエットや誤ったダイエットをしてしまうことによって、便秘を引き起こしてしまう可能性が高いので、気をつけましょう。

カロリー計算や栄養バランスを考えた食事によるダイエットであれば、全く問題無く、むしろ便秘の改善や予防に非常に有効なのですが、食事量や食べ物、水分などを制限した過度なダイエットをすると便秘になります。
なぜなら、過度な食事制限ダイエットを行うことによって、食物繊維不足や水分不足といった現象が起こってしまうからです。
食事制限をすることで野菜を食べる機会も減ってしまうので、必然的に食物繊維が足りなくなり、腸内環境の悪化を招き、便が固くなってしまいます。
まら、水分の量を制限することで、便が腸内で固まってしまい、排便することができなくなります。
このように過度なダイエットを行うことで、便秘を引き起こす可能性があるのです。

そして、便秘になると腸内に便が蓄積されてしまうので、体重も増えていきます。
これでは、ダイエットの意味が無いので、過度なダイエットは控え、カロリーが計算された栄養バランスの良い食事を行うようにしてください。
そうすることがダイエットを行う上で一番大切なことですし、近道だといえます。