便秘解消の効果的なこと

生活習慣を見直す

朝食を抜かない

みなさんの中で毎日、きちんと朝食を食べている人はいますか?
朝食を食べた方が健康に良いというのは、誰もが知っていることですが、便秘にも効果があることがあまり知られていません。

私たちが寝ている時というのは、胃も休んでいる状態です。
そして、朝目覚めた時は、まだ胃の機能が正常に働いていない状態なので、朝の排便を促すためには胃を刺激する必要があり、そのために朝食を食べないといけないのです。
朝食を食べることで、胃を刺激し、活発に活動を始めませることができます。
そうすることで、大腸にも刺激を与えることができ、排便を促すことができるのです。
朝食にはこのような作用があるので、毎日欠かさず朝食を食べることによって、朝の排便の習慣がつき、便秘を改善することができます。
特に仕事中に自由にトイレに行けない人は、朝の排便を習慣づけた方が良いでしょう。
朝食を作る時間が無い人は、フルーツやヨーグルトといった手軽に食べられるものを選びましょう。

また、朝食も大事ですが、水分の摂取も忘れないでください。
寝ている時というのは、非常に汗をかいているので、起床時の体は水分不足になっています。
その状態を放置していると便に必要な水分が吸収されず、便秘になってしまうので気をつけてください。



ストレスを溜めない

ストレスと便秘は一見関係のないように思えますが、非常に深い関係があり、ストレスが原因で便秘になってしまった人は大勢います。
過度なストレスを受けると自律神経が乱れてしまうので、胃や腸といった内臓機能が低下したり、ホルモンバランスが崩れてしまいます。
そうすると上手く排便をすることができず、便秘を引き起こしてしまいます。
また、ストレスは便秘だけではなく、美容や健康にも悪影響を与えます。
ストレスを受けると皮脂の量が増えてしまうため、ニキビや吹き出物などができやすい肌質になります。
そして、ストレスが原因で「うつ病」「神経症」「十二指腸潰瘍」「潰瘍性大腸炎」「過敏性腸症候群」「不眠症」「自律神経失調症」「偏頭痛」「更年期障害」といった病気を引き起こします。
このように「たかがストレス」だと思っていると大変なことになってしまうので、早めに対処しないといけません。

ストレスを軽減するためには、まずリラックスできる時間を確保する必要があります。
家に帰ってきてから、1時間や2時間ほど気持ちを落ち着かせる時間を作ることで、ストレスを軽減することができます。
その時間帯に何をするのかは人によって異なりますが、体を動かすのが嫌いではない人は、腸の動きを活発にするためにもウォーキングやジョギングといった軽い運動をおすすめします。



水にこだわる

ここ数年、原発事故の影響もあり、ウォーターサーバーを設置されるご家庭が増えています。
そして、ウォーターサーバーを設置した人の中には、便秘が改善したという人もいます。
では、本当にウォーターサーバーの水を飲むことで、本当に便秘を改善することができるのでしょうか?

ウォーターサーバーの水の中には、水道水よりもマグネシウム・カリウム・ナトリウムといったミネラル成分が多く含まれています。
これらのミネラル成分は、腸の動きを活発にする作用があり、排便を促してくれるのです。
そのため、ウォーターサーバーを使用することで、便秘が治る可能性は高く、便秘改善に効果があると思って良いでしょう。

また、ウォーターサーバーの水は水道水と飲み比べると明らかに飲みやすく、美味しいです。
しかも、すぐに温水機能も備わっているので、お湯を沸かさなくても、コーヒーや紅茶もすぐに作ることができます。
このように水道水よりも手軽に美味しい水を飲むことができるので、ウォーターサーバーを設置することによって、意識していなくても、水分の摂取回数や摂取量が増えます。
そうすると体内の水分不足を防ぐことができるので、便秘予防にも繋がります。

便秘に悩まされている人は、便秘はもちろん、水の安全性のことも考慮して、ウォーターサーバーの設置を検討されてみてはいかがでしょうか。