年代別の便秘
子供と大人では便秘の原因が違います

便秘というと大人がなるイメージがありますが、最近では小さな子供でも便秘になってしまうことがあります。
ただ、そこで大人と同じ便秘解消法を試しても、改善する可能性は低いですし、場合によっては悪化してしまうことだってあります。
その年代年代によって、便秘の原因が違うので、大人の便秘解消法を子供に試すのは、あまりおすすめできません。
特に便秘薬を小さな子供に使用してしまうと子供の排便能力を低下させてしまう可能性があります。

子供が便秘になる代表的な理由は、野菜不足です。
子供はどうしても苦い食べ物を嫌う傾向があるので、野菜を嫌いという場合が多いです。
そのため、子供が便秘になってしまった時は食物繊維が多い野菜をどうやって食べさせるのかということを考えないといけません。
また、小さな子供の場合だと生理現象をコントロールするのが下手なので、トイレに座る時間を決めてあげるのも有効な解決方法です。
毎日同じ時間にトイレに座ることで、その時間に排便ができるようになります。

大人が便秘になる代表的な理由は、生活習慣の乱れです。
食生活の乱れ、睡眠不足、運動不足、ストレスといった生活習慣が大きく関係しているので、今までの生活を見直す必要があります。
特に大人になるとストレスを溜めることが多くなるので、できる限りストレスを溜めない生活を心がけることが大切です。



成人女性は便秘になりやすいです

みなさんもご存知の通り、女性は男性よりも便秘になりやすいです。
特に成人女性のほとんどは、便秘に悩まされているといっていいのではないでしょうか。
では、どうして成人女性は便秘になりやすいのでしょうか?

その理由は女性の体のつくりと生活習慣に隠されています。
まず、女性は男性よりも腹筋の力が弱いため、排便をする時に便を強く押し出すことができません。
これが便秘を起こしやすい原因のひとつです。
また、年齢が上がれば上がるほど腹筋が落ちてくるので、女性の便秘は深刻化してきます。

そして、女性の場合、ストレスを感じるとそれがすぐに体調に出てしまう傾向が強いです。
ストレスを感じるとホルモンバランスが乱れてしまい、排便に悪影響を与えることになります。
また、男性であればトイレに気軽に行くことができますが、女性の場合だと恥しくてなかなか行くことができず、我慢してしまうケースが多いです。
それが便秘を起こしてしまう原因になることもあります。

女性の場合、今は便秘ではなくても、これからなる可能性があるので、早めに対策を取った方が良いかもしれません。
特に20代~40代の女性は結婚・出産を機にストレスで便秘になってしまうことが多いので、十分に気をつけましょう。

 

高齢者

子供

女性

成人

男性