年代別の便秘

女性

女性の便秘の原因

女性の便秘は、「ダイエット」「便意の我慢」「腹筋の弱さ」「女性ホルモン」などが原因で起こります。
女性であれば、どなたでもダイエット経験があると思いますが、ダイエットをすることによって、栄養バランスが偏ってしまいます。
また、食事制限ダイエットを行うことで、食べる量も減少してしまうので、便がなかなか溜まらず、排便しづらい環境を作ってしまいます。

女性の中には、便意を感じても恥しくてトイレに行けないという人もいると思います。
しかし、それを何度も繰り返すことで、お腹に便が蓄積されていても、便意を感じづらくなってしまいます。

そして、女性は腹筋が男性よりも弱いので、便を外に押し出す力が弱い傾向がありますし、女性ホルモンの影響で便秘を引き起こすケースも多いです。
女性ホルモンはストレスや生活習慣の乱れによって簡単にバランスが崩れてしまうので、十分注意しないといけません。
特に生理前や妊娠中は、女性ホルモンが乱れてしまうので、便秘になりやすいです。

女性の便秘は、こういったことが原因で起こる可能性が高いので、便秘に悩まされている方は、該当するものがないか考えてみてください。
そして、該当するものがあった場合は、その点を改善すれば、便秘が治るかもしれません。



実は怖い女性の便秘

女性は男性よりも便秘になりやすいので、便秘に慣れてしまいがちです。
しかし、その便秘が病気が原因となっている場合もあるので、気をつけてください。
便秘を引き起こす病気は、主に大腸ポリープ、大腸がん、子宮内膜症、子宮筋腫、過敏性腸症候群、自律神経失調症、潰瘍性大腸炎、クローン病、甲状腺機能低下症、糖尿病、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、うつ病、更年期障害などです。

この中で女性がなりやすい病気は、子宮内膜症、子宮筋腫、更年期障害です。
子宮内膜症と子宮筋腫は、女性特有の病気なので、女性の方は十分気をつけないといけません。
便秘の他に頻尿、生理時の出血量の増加、強い生理痛といった症状を感じる場合は、子宮内膜症や子宮筋腫の可能性があるので、すぐに医療機関で受診をしましょう。

また、ホルモンバランスの乱れが原因で起こる更年期障害は男性もなりますが、女性が発症する確率の方がかなり高いです。
主な症状は、ほてり、のぼせ、動悸、多汗、めまい、むくみ、冷え、肩こり、腰痛、痺れ、精神の不安定、睡眠障害、月経異常、不正出血、吐き気、嘔吐などです。
40代半ばの女性で、便秘と一緒にこのような症状が現れた場合、更年期障害の可能性が高いので、早めに対処された方が良いでしょう。



女性に効果的な便秘解消法とは?

女性の場合、不摂生な生活をしているとすぐに便秘になってしまうので、日頃から規則正しい生活を意識するようにしてください。
まず、大切になってくるのが、栄養バランスの良い食事です。
ダイエットのために食事制限をしている人も多いですが、栄養バランスが偏ったり、食事量が少ないと体調を崩してしまいますし、便秘になる可能性も増えます。
せっかく痩せるためにダイエットをしているのに、便秘が原因で体重が増えてしまったら意味がないですよね?
美しい体型を手に入れたい気持ちは分かりますが、過度なダイエットは逆効果になるので、しっかりと栄養バランスの良い食事をとるようにしてください。
特に野菜を中心とした食生活に切りかえると、ダイエットにも良いですし、便秘にも効果があります。

そして、女性は腹筋が弱いため便を外に押し出しにくい傾向があるので、腹筋を鍛えるのも有効です。
腹筋を鍛えることで、便を押し出す力が強くなり、排便をスムーズに行えるようになります。
特に腹式呼吸で横隔膜を強化すると排便を行いやすくなります。

また、ホルモンバランスが乱れてしまうと便秘になりやすいので、ストレスと睡眠不足に注意してください。
ストレスを解消するために軽い運動を始めるのも良いかもしれません。
夜更かしはホルモンバランスが乱す大きな原因なので、早めにお休みになるようにしてください。