年代別の便秘

子供

子供も便秘になる?

最近では、子供も大人と同様に便秘に悩まされているケースが多いです。
子供が便秘になる大きな原因は「食生活の乱れ」「ストレス」「水分不足」「便意の我慢」といったものです。

ご家庭で栄養バランスの良い食事をとっていない子供は、便秘になりがちです。
特に肉やお菓子が好きな子供や、野菜嫌いの子供は便秘の症状が酷いです。

子供も大人と同じようにストレスを感じて生活をしており、そのストレスが原因で便秘になってしまうことがあります。
子供は、家庭や学校で色々なストレスを感じているのですが、自分自身ストレスを感じていると実感できないことが多いです。
そのため、そのストレスがどんどん蓄積されてしまい、便秘に繋がるという訳です。

子供の場合、何かに夢中になってしまうと水分補給を忘れてしまうので、体が脱水気味です。
そうすると便に水分が無くなってしまうので、便秘になりやすいです。

そして、小学生くらいから便意を我慢することで便秘になってしまうことがあります。
子供の頃、恥しくてなかなか学校のトイレに行けなかったという人はいませんか?
そうやって、いつもトイレを我慢していると、直腸が鈍感になってしまい、便意を感じづらくなり、便秘になってしまうのです。



子供を便秘にしないようにする方法

子供を便秘にしないようにするには、大人の便秘と同様、生活習慣を見直すことが大切です。
例えば、食事の場合、便を軟らかくするために必ず野菜を食べさせるようにしましょう。
野菜嫌いな子供は、必ずといっていいほど便秘になりやすいので、何かしら工夫をして、野菜を食べさせてください。
腸の動きを活発にするためにヨーグルトを食べさせるのも良いでしょう。

自分の子供が運動不足だと感じている方は、軽い運動をさせてください。
家の中で遊ぶ子供が増えており、現代の子供は比較的運動不足の傾向が強いです。
ご自身の便秘予防のためにも、子供と一緒に外で遊んだり、ウォーキングやジョギングなどを子供と一緒に始めてみてはいかがでしょうか。

排便という生理現象をコントロールするために、トイレに座る時間を決めるのも大切です。
毎日同じ時間にトイレに座ることで、体が排便のタイミングを理解し、その時間になると便意を感じるようになります。
朝食を食べて30分くらいが便意を感じやすい時間帯なので、このタイミングでトイレに行かせてください。
そして、最初は便が出ないかもしれませんが、毎日続けるうちに排便できるようになります。

子供を便秘になりづらい体質にするためにも、このようなこと意識してください。




赤ちゃんの便秘にはカイテキオリゴ?

赤ちゃんの便秘に悩まされているお母さんは多いと思います。
便が出ないと泣き叫びますし、そのまま放置してしまうと切れ痔なってしまう危険があります。
そんな赤ちゃんの便秘に効果的だと言われているのが、カイテキオリゴです。

赤ちゃんの場合、体が弱いので便秘を改善するために大人と同じ方法を行うことができません。
食べられる物が限られていますし、サプリメントだと栄養過多になるリスクがあります。
そして、あまり美味しくない物を飲ませるのも可愛そうです。

しかし、カイテキオリゴであれば安全性が非常に高いので、赤ちゃんには飲ませても全く問題ありません。
カイテキオリゴとは、純度ほぼ100パーセントのオリゴ糖で、効果的に腸内環境が改善し、便を出やすくします。
また、粉末タイプのほんのり甘いオリゴ糖なので、粉ミルクに入れるだけで簡単に作ることができますし、離乳食に混ぜても本来の味を邪魔することはありません。

スーパーなどで売られているオリゴ糖よりも安全性が高く、便秘改善効果が高いので、赤ちゃんの便秘にとてもおすすめです。
そして、価格もリーズナブルですし、赤ちゃんだけではなく、家族みんなで使用できるので、コストパフォーマンスの高い商品だといえます。