症状別の対策

1年中悩まされている

生活習慣に問題がある?

1年通して、常に便秘に悩まされている人は生活習慣に問題があると思って良いでしょう。
通常、規則正しい生活をしていると便秘になることはないので、乱れた生活習慣をしている可能性が高いです。
便秘を予防するために生活習慣で見直したいことは「食事」「運動」「水分」の3つです。

栄養バランスが悪い食事をしている人は、腸内環境が乱れているので、便秘になりやすいです。
腸内環境を整えるためにも、食物繊維が非常に大事なので、野菜を積極的に食べるようにしてください。
また、インスタント食品を避けたり、酵素ドリンクや青汁などで不足しがちな栄養素を補うのも良いでしょう。

運動不足だと便秘になりやすいので、日頃から体を動かすようにしてください。
激しい運動をする必要はないので、なるべく歩くということを意識して生活しましょう。
これだけでも、便秘の予防や改善に大きな効果があります。

水分不足だと便が固まってしまうので、こまめに水分補給をするようにしてください。
自分の中では水分を摂っているつもりでも、実際は全く足りていないというケースも珍しくありません。
水分をこまめに摂る癖をつけたり、すぐに水分を摂れる環境を作るようにしましょう。

このような生活習慣を意識することで、便秘になりづらくなるはずです。


体質を改善しよう

みなさんの中にいつも便秘に悩まされている人はいますか?
もし、そういった人がいるのであれば、原因はもともとの体質かもしれません。
不規則な生活をしていても、全く便秘にならないという人がいますが、そういった人は便秘になりづらい体質の人です。
逆にいくら努力してもすぐに便秘になってしまう人は、便秘になりやすい体質の人です。
このように便秘になりづらい体質の人と便秘になりやすい体質の人がいるので、便秘になりやすい体質の人はそのもともとの体質を時間をかけて改善していくしかありません。

体質を改善するために大切なことは、規則正しい生活を続けることです。
規則正しい生活を続けても便秘になるかもしれませんが、これを止めてしまうとより一層酷い便秘に悩まされるので、続けるようにしてください。
特に食生活・運動・ストレス・睡眠には十分に注意してください。

そして、体質を改善するために便秘用のサプリメントや青汁、酵素ドリンクといったものを試してみるのも良いかもしれません。
これらのものには、便秘を予防・改善する成分が含まれているので、毎日飲むことによって便秘しにくい体質に変わる可能性があります。
すぐに効果は出ませんが、長期間飲み続けることによって、体質が改善されるかもしれません。


下剤・便秘薬に頼らない

深刻な便秘に悩まされている人は、下剤や便秘薬に頼ってしまいがちです。
お腹が張っていると辛いので、下剤や便秘薬で早く治したいと思う気持ちは分かりますが、できる限りそういったものに頼らないようにしてください。
なぜなら、下剤や便秘薬に頼ってばかりいると、自力での排便ができない体質になってしまうからです。
そもそも、下剤や便秘薬というのは、便秘を治す薬ではなく、強制的に排便を促す薬です。
何度も何度もそのような薬を使用することで、腸もだんだん慣れてしまい、効果が薄くなっていきます。
そして、そのうち薬の量が増えてしまったり、より強い薬が必要になってしまい、最終的には自力で排便ができなくなる恐れがあります。

もし、現在下剤や便秘薬に頼っているのであれば、少しずつ使用量を減らしていきましょう。
急に減らすと便が出ないことにストレスを感じてしまい、余計に便秘を悪化させてしまうので注意してください。
そして、排便しやすい体質を作るために、朝に何をするのか、昼に何をするのか、夜に何をするのかといった1日のスケジュールを立ててください。
そうすることで、徐々に下剤・便秘薬に頼らなくても、排便ができるようになるはずです。

仮に下剤・便秘薬を止めてから全く便が出ない場合は、一度病院で専門の医師に相談された方が良いでしょう。