症状別の対策

冬になりやすい

水分不足が原因?

冬に便秘になりやすいという人は、水分不足が原因かもしれません。
冬になると寒いので、どうしても水分を摂る頻度が少なくなってしまいます。
恐らく、心当たりのある方もいるでしょう。
そうすると便が硬くなってしまい、排便がしづらくなるのです。
そのため、便秘を予防するためにも、冬の期間は意識的に水分を補給するようにしてください。

そして、可能であれば、冷たい水ではなく、ぬるま湯よりちょっと熱い温度の物を飲むようにした方が良いです。
冷たい飲み物には体を冷やす働きがあるので、必然的に代謝が下がります。
代謝が下がると便秘になりやすくなるので、せっかく水分を摂取しても、冬場だとあまり効果がありません。
逆に温かい飲み物だと体を温め、代謝をアップさせることができるので、便秘予防に効果を発揮します。

また、水分補給の癖をつけるためにもサプリメントを飲み始めるのも良いかもしれません。
サプリメントを飲み始めることで、水分はもちろん、不足しがちな栄養素も摂取できるので、一石二鳥です。
他にも家にいる間だけでも、便秘茶を飲むようにしたり、薬を飲む時にぬるま湯を使用するといった工夫も有効です。

冬になると便秘になってしまう人は、このような工夫をすれば予防・改善できるはずです。



代謝をあげることが大切

冬というのは気温が低いので、体温も下がってしまいます。
体温が下がってしまうと代謝が低下してしまい、便秘になりやすくなります。
そのため、冬に便秘になってしまう人は、日頃から代謝を上げる努力をした方が良いでしょう。

代謝を上げるのに一番有効なのは、温かい飲み物を体内に取り入れることです。
温かい飲み物を摂ることで、体を温めて、代謝をアップさせることができます。
また、その時におすすめなのが便秘に効果がある有効成分が豊富に含まれている便秘茶です。
温かい便秘茶を普段から飲むようにすることで、効果的に便秘を予防・改善できます。

そして、白湯を朝起きてすぐと寝る前に飲むのも便秘に効果があるといわれています。
白湯を飲むことで、代謝をアップすることができますし、体の調子を整えて、便秘しにくい体を作ることができます。
白湯を作る時は、水道水ではなく、ミネラルウォーターを使用してください。
水道水の中には不純物が混じっているので、なるべくミネラルウォーターを使用された方が良いです。
しかも、ミネラルウォーターの中には便秘に良いミネラルが豊富に含まれています。

冬は便秘になりやすい季節なので、普段から温かい飲み物を飲むように心がけてください。



適度な運動をしよう

冬になると寒くて体を動かす機会が激減してしまうので、便秘になりやすくなります。
運動をしないと腹筋が衰えてしまうので、出そうなのに出ないというケースが増えてしまいます。
また、運動不足だと代謝も低下してしまい、腸内環境も悪くなります。
そのため、冬の便秘を改善・予防するためには、適度に体を動かしたり、腹筋を鍛えることが大切です。

ただ、冬は体が温まりにくいので、いきなり激しい運動をすると怪我をしやすいので注意してください。
そこで、怪我を予防するためにもおすすめの運動はウォーキングです。
ウォーキングであれば、寒い時期でも怪我をしにくいですし、便秘の解消にも効果があります。
1日のウォーキングの目安はだいたい1時間ほどで、できる限り毎日続けるようにしてください。
そして、風邪を引いたら困るので、必ず温かい服装で行うようにしましょう。
また、ウォーキングをする時間がない人は、出勤時や帰宅時に一駅分や二駅分歩くだけでも効果があるので、お試しください。

腹筋を鍛える場合は、腰を痛めないように両ヒザを立てて、お腹に手を当てながらゆっくりと行ってください。
そして、いきなり多い数をこなそうとせずに最初は10回~20回程度からスタートした方が長く続けることができます。